埼玉県所沢市の社会保険労務士(社労士)・行政書士高橋渉事務所のサポートエリア
【埼玉県】所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市、さいたま市、蕨市、戸田市、川口市、川越市、富士見市、ふじみ野市、坂戸市、鶴ヶ島市、朝霞市、志木市、和光市、新座市…、【東京都】23区、東村山市、武蔵村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、西東京市、あきる野市、小平市、青梅市、羽村市、福生市、昭島市、国分寺市、小金井市、八王子市、武蔵野市、日野市、立川市、国立市、三鷹市、府中市、調布市…、【神奈川県】、【千葉県】など首都圏近郊
トップ | お知らせ | 建設業許可サポート | 就業規則サポート | 助成金申請サポート
労災・雇用・健康・厚生年金サポート | 契約報酬 | 事務所紹介 | お問合せ | リンク集

就業規則サポート
就業規則は会社の憲法、そろそろ「憲法作成」や「憲法改正」をしませんか

就業規則は作っていますか?
常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければなりません
 常時10人以上とは、常態として10人以上の労働者を使用しているという意味であって、繁忙期のみ10人以上を使用するという場合は含みません。これに対して、いつもは10人以上だけど、たまたま今は10人未満というときは、就業規則の作成義務があります。なお、労働者には、パートタイマーやアルバイト、契約社員、出向中の人等も含まれます。
 なお、常時10人未満であれば法律上、就業規則の作成義務はありません。ただ、就業規則は労働者の労働条件や守るべき服務規律等を定める会社の憲法と言われていますから、その位置付けを考えれば作成しても損することはなく、むしろ必要なものと言えるでしょう。
 労働保険と社会保険には加入していますか? >>


今ある就業規則で大丈夫ですか?
就業規則は正しい作成方法・手続きで、かつ会社の実情等にあったものでなければなりません
 就業規則の作成にあたっては正しい方法・手続きで行う必要があることを法令で定めています。これは、必要記載事項をもれなく記載し、労働者の適用範囲を定め、労働者の過半数を代表する労働組合や者の意見を聴く等といった内容です。職場規律や労働条件を画一的に定め、合理的に運用しなけれはならない「就業規則の性質」を考えると当然のことといえます。
 また、それだけでは不十分で、変化する会社の実情に合わせたり、頻繁に改正される法令等に違反しないように注意したりと、作成した後も気が抜けません。


 就業規則を作ろうと思った事業主の方、
 今の就業規則で大丈夫なんだろうかと不安に思った事業主の方、
 ぜひ当事務所にご相談ください。

 メールによるお問合せはこちらから >>
 お電話によるお問合せは 04-2947-8230(平日10:00〜17:00受付)

埼玉県所沢市の社会保険労務士(社労士)・行政書士高橋渉事務所のサポートエリア
【埼玉県】所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市、さいたま市、蕨市、戸田市、川口市、川越市、富士見市、ふじみ野市、坂戸市、鶴ヶ島市、朝霞市、志木市、和光市、新座市…、【東京都】23区、東村山市、武蔵村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、西東京市、あきる野市、小平市、青梅市、羽村市、福生市、昭島市、国分寺市、小金井市、八王子市、武蔵野市、日野市、立川市、国立市、三鷹市、府中市、調布市…、【神奈川県】、【千葉県】など首都圏近郊